YNSA®・神経促通運動療法・在宅リハビリ支援・各種保険取扱い・生活保護

脳性麻痺施術詳細

 

≪YNSA+神経促通自他動運動療法≫

≪自律神経調整療法≫

 

YNSA(山元式新頭鍼療法)

YNSA(山元式新頭鍼)とは、山元敏勝先生(医療法人愛鍼会山元リハビリテーションクリニック院長)が考案された鍼手技になります。

YNSAには、脳点、小脳点、脳幹点など、脳組織そのものに働きかける、反射点があります。脳性麻痺の方では、脳組織そのものに働きかけるこれらの反射点に、鍼を施すことにより、脳組織の活性化させ、手足から入力されてくる信号をより細やかに受信させることを目標に行います。

さらに、東洋医学では、脳や脊髄といった大切な器官は、「腎」に属するとされており、先天性麻痺全般はこの「腎」の働きが関係していると考えます。YNSAにより、この「腎」働きを補い、また、食事、睡眠、排泄といった基本的な、生体の営みを整えることにより、営みが不均衡であるがゆえに起こる疼痛や、痺れを寛解していきます。

※「自律神経調整療法」について 身体の状態により、YNSAが不適と判断した場合には、自律神経を整えるために「自律神経調整療法」を行います。手足末端に極細い鍼を浅く施し、自律神経が整うまで置鍼します。

 

神経促通自他動運動療法

神経促通自他動運動療法とは、川平法(鹿児島大学リハビリテーション医学教授川平和美先生)とPNF(ポリオなどの麻痺専用手技、現在ではスポーツへの応用も盛んに行われている)の理論を基本構成としている、生体反射作用を応用した介助型運動療法です。

脳性麻痺の場合、歩行、巧緻作業のほか、患者様それぞれの生活に沿った運動内容となります。例えば、ベッドからの移乗をもう少しスムーズにするために、体幹連動性を強化する、手すりにしっかりつかまりたいから握力を強化する、車の運転をしやすくするため、肩関節の屈曲位での動きを強化するなど。

もちろん、疼痛しびれの軽減消失を期待し、基本的肢位に近づけるための運動も行います。

 

自律神経調整療法

精神的、身体的緊張が強すぎたり、他の症状が強いなど、YNSAや神経促通運動が行えないと判断した場合、自律神経調整療法を行います。

手足の末端、頭部などに極細い鍼を、浅く刺し(4㎜以内)自律神経を整えます。この他、呼吸に合わせた手技により、さらにリラックス効果を促します。1回で通常治療を行える場合もありますが、ほとんどの場合、3回以上は自律神経調整療法を行う必要があります。自律神経調整療法と通常治療を同時に行う事はありません。

 

 

長年のバランスを良い意味で壊していく作業です。

YNSAにより脳血流の改善し、脳組織そのものを活発にした状態で、神経促通自他動運動療法により、基本的肢位を意識した手足の反復介助運動で、手足から脳へ、正しい運動信号を再入力していくことで、脳に正常に機能する身体の位置や運動を再認識してもらいます。こうした一連の施術を行っていく際に、以前より、バランスが取りづらくなった、疼痛が増したなど感じる場合がありますが、一時的なものですので、焦らず着実に施術・トレーニングを重ねていきます。

 

※施術開始初期に、以前よりこわばりが強くなったと感じることがありますが、一時的なものですので、焦らずじっくり施術していきましょう。

※痛みに過敏な方は、鍼によるYNSAは行わず、電子灸による施術を行います。

※めまいのひどい方は施術前にお申し出ください

お問い合わせ先

クローバー鍼灸院 

home-care@clover-clinic.net

脳卒中後遺症・脳性麻痺専門治療院
在宅での麻痺/疼痛改善リハビリを応援いたします

各種保険取扱・生活保護指定事業所・往診・予約優先制・日曜/第一水曜定休

東京都はり灸マッサージ師会
YNSA学会正会員
YNSA学会認定治療院
脳卒中在宅ケア協会

189-0024 東京都東村山市富士見町3-17-33(治療室兼事務所)

090-3432-0877(患者様専用)
042-207ー8897(業者の方)

治療中、移動中には電話に出ることができません。再度おかけ直しいただくか、メールでご連絡ください。

メールでのお問い合わせの際には、必ず氏名、連絡先を記載してください。

※業者の方はまずメールでご連絡ください。

サイト内検索

Copyright © 2015 クローバー鍼灸院 All rights reserved

無断で加工・転送することを禁じます