YNSA®・神経促通運動療法・在宅リハビリ支援・各種保険取扱い・生活保護

脳卒中後遺症・脳性麻痺専門

痛み・麻痺の改善

≪YNSA®+神経促通自他動療法≫

 

往診治療を行っています

≪各種健康保険・生活保護対応≫

ご新規様受付休止中です

(多摩地域にお住いの方に限り、お受けできる場合があります。お気軽にお問合せください)

ニュース

2017年01月15日 10:45

昨年を振り返って

クローバー鍼灸院ブログ更新しました
2017年01月01日 12:53

本年もよろしくお願いいたします

クローバー鍼灸院ブログ更新しました。

インスタグラムはじめました

往診中のことや、患者様の様子などをアップしています。

 

脳卒中片麻痺や

半身麻痺姿勢に伴う疼痛改善!

 

なぜ片麻痺が改善していくのか?

 

脳卒中による片麻痺。

片麻痺改善のために必要不可欠な運動療法。しかしこの運動療法を妨げるのが、筋肉がだらん(弛緩型)としている、もしくは、こわばり、つっぱり、緊張です。

動かそうとすると筋肉が硬くなっていまい、リハビリ等で行う運動療法が行えなくなったり、運動療法を行う回数が伸びなくなったりします。さらにこわばりは様々な形で、一見関係のないと思われるような場所の痛みを誘発させたりします。

 

この「こわばり、つっぱり、緊張」をなんとかしないと改善は見込めません。

(弛緩型の場合には、筋肉の緊張を高めるため、最初にこわばりの入る動作や姿勢トレーニングを行います)

 

麻痺側の手や足には、「こわばり」の入りにくい、もしくは入らない位置や角度が存在します。

この位置や角度において、頭鍼YNSA®を施し、頭部の血流を促進させ、手足から入力されてくる信号に反応しやすい状態を保ちつつ、自他動運動(介助運動)を行っていき、徐々にこの位置や角度の拡張を図っていきます。

適切な位置・角度での運動を正しく繰り返ことで、不自然な姿勢のまま動作を行い誘発してしまうしつこい疼痛も同時に軽減させます。

また、鍼技法の一つであるYNSA®は、頭部の反射点に刺激を与え、血流促進の他、脳組織そのものを活発にし、外部からの刺激を正しく受け取れる状態に近づけます。(鍼を刺す深さは5㎜以内)

 

疼痛及び麻痺のための

運動麻痺改善専門手技

 

頭の血流を促進し、脳組織の再建強化を促す頭鍼

YNSA®=Yamamoto new scalp Acupuncture

+

手足から脳へ信号を送り、神経路を再開発する

タッピング・マニュピレーションを併用した

神経促通反復自他動運動療法

 

施術自体はとても地味であり、「こんなこと?」と思うかもしれません。でも、「地味で地道が一番近道」です。安全なのはもちろん、楽しくて、気持ちが良く、しかも健康保険を使うことができ、費用の心配もありません(※1)。少しづつです。でもしっかりと確実に身体は変化していきます。発症してから時間が経てば経つほど効果は薄くなってきてしまうでしょう。ぜひあなたの麻痺改善のお手伝いをさせてください!そして一緒に身体の変化を楽しみましょう!

 

※1 保険適用には条件があります。詳しくはこちら

お問い合わせ先

クローバー鍼灸院 

home-care@clover-clinic.net

脳卒中後遺症・脳性麻痺専門治療院
在宅での麻痺/疼痛改善リハビリを応援いたします

各種保険取扱・生活保護指定事業所・往診・予約優先制・日曜/第一水曜定休

東京都はり灸マッサージ師会
YNSA学会正会員
YNSA学会認定治療院
脳卒中在宅ケア協会

189-0024 東京都東村山市富士見町3-17-33(治療室兼事務所)

090-3432-0877(患者様専用)
042-207ー8897(業者の方)

治療中、移動中には電話に出ることができません。再度おかけ直しいただくか、メールでご連絡ください。

メールでのお問い合わせの際には、必ず氏名、連絡先を記載してください。

※業者の方はまずメールでご連絡ください。

サイト内検索


Copyright © 2015 クローバー鍼灸院 All rights reserved

無断で加工・転送することを禁じます