歩いたり。家事したり。

<できることが増える喜び>

おそらくベッド上での生活になるでしょう。

医者からの言葉に絶句した。トイレも満足にいけない。寝返りをうつと肩が外れそうになる。足が自分のものではなく棒みたいだ。

身体の右側、完全に力が入らない。指を動かすなんて想像もできない。

病院でのリハビリはもちろん頑張った。退院してからも家にはPTさんやOTさんが来て頑張ってくれた。自分も頑張った。装具と杖で何とか歩けるようになった。

でも物足りない。良くなっている気がしない。今より少しでも良くするために何かやりたい。でも何をすればいいのか分からない。ただただ落ち込む日が続いた。

頭に鍼をするという奇妙なやつに会うことになった。鍼をしてもらった。そいつは鍼をしながら運動しようという。よくわからないままとりあえずやってみた。

怪しく思いながらも3ヶ月ほど週に2回、頭に鍼をして運動した。

するとどうだろう。抜けるような肩の痛みがないことに気がついた。腕が前より軽く感じるのだ。おお、少し動いている。なんだこれは。

トイレに行くたびにつけていた装具が邪魔になってきた。着けたり外したりがめんどくさい。装具なしでトイレに行く回数が増えた。今では家の中は装具をつけない事が普通になった。

それからしばらくたつと、肩はほぼ自分の思い通りに動くようになった。肩の痛みは全くない。肘も動くようになってきた。

こうなると俄然欲が出てきてしまう。指だ。次は指を動かす練習をしたい。頭に鍼をしたがる怪しいやつにそう告げた。

最近指を動かす練習を始めた。

そしたらなんとなく動き始めた。嬉しい。動かないと思っていたのがバカらしく思えてくる。やりたいこと、できるようになりたいことがどんどん溢れてくる。今は「こんなことはできない」とは思わなくなった。

40代男性、4年前、脳出血により右片麻痺となりました。文章、動画は施術経緯を簡単にまとめたものになります。かなり重い状態と評価されたとしても、今からでもできることはたくさんあるのです。


麻痺が軽くなる3つの理由とは?

頭の鍼と運動療法、感覚リハビリ

頭の鍼YNSA

山元式新頭鍼療法といい、頭の反応点に鍼をすることで、脳の血流を促進させ、脳の神経回路の再構築を促します。中枢性疾患に効果が高い手技として主に海外で有名です。

神経促通運動療法

共同運動から乖離させる方向に、運動を継続することで、身体から脳への信号を送り、麻痺の強い部分の感覚を蘇らせます。

あなたの目標はなんですか?

限界はだれが決めたのですか?

今からでも遅くありません

生活力を高めましょう!

もうすぐ終了!お試し初回500円キャンペーン(7月31日まで)

安心安全のためのお約束

  1. 使い捨て鍼を使用し、衛生面に気を付けます
  2. 説得はしません。納得していただけるよう努めます
  3. 体調には十分配慮いたします
  4. 施術の強要はいたしません
  5. 信頼を裏切るような行為はいたしません
  6. 患者様を第一に考えます

お知らせ

7/21土曜日午後 休診とさせていただきます

7/23月曜日往診のため16時に終了いたします

8月11日は祝日ですが、通常通り営業いたします