厚労省の発表では、腰痛の85%は原因不明とされています。それが例えすべり症であろうが、脊柱管狭窄症だろうが、ヘルニアだろうが、その病名が直接の原因と証明することができないのが現状です。