すでに自分である程度動かせる方、全部の指が一緒にだったら動かせる方、今はまだ動かない方全ての方にお勧めです。弛緩性の方でも押して痛い場所はやっておいてください。