慢性症状・自律神経調整・片麻痺

ホームページをご覧いただきありがとうございます

はじめまして。スタッフの神山大輔(コウヤマダイスケ)と申します。

当治療院では、腰痛肩こりなどの慢性症状をはじめ、不眠・鬱・パニック・動悸・耳鳴りなどの自律神経系の諸症状、脳梗塞・脳出血後遺症、片麻痺を主に施術させていただいております。

どんな症状も自然治癒力がきちんと働いていれば、症状が起らないか、すぐ治ってしまいます。自然治癒力を最大限に発揮するためには、自律神経を整えておく必要があります。当院では、自律神経を確実に整えることを第一に考えております。

また、症状や痛み、身体の不調は様々です。一人として同じパターンはありません。当院では、各検査を徹底的に行い、あなたの自律神経が最高に働いてくれる状態にしていきます。

あなたの症状、不調に合ったオーダーメイド施術をご提案させていただきます。


スタッフ紹介

はり師きゅう師 神山大輔(コウヤマダイスケ)

スタッフプロフィール

昭和52年生まれ 5人家族

趣味 読書(機能解剖学)、音楽

高校卒業後働きながら整体の専門学校へ。その後、障がい者介助の仕事に就く。

病院や施設でのリハビリと同じくらい日々の生活が重要なことを改めて感じる。

はり灸免許取得。

以降、介助+はり灸という形で様々な障がいを持つ人々と関わる。

本来諦めているような障がいの施術実績多数。

平成25年障がいをお持ちの方のための治療院クローバー鍼灸院立ち上げ。

平成28年2月より片麻痺・脳性麻痺専門治療院とする。

平成29年10月 宮崎県山元リハビリテーションクリニックにて、YNSA研修終了

平成30年6月 西武新宿線久米川にてはりきゅう・整体クローバー治療院立ち上げ


 生まれも育ちも東京東村山、娘3人嫁1人の5人家族、家の中で雄は犬と私だけ、性格はおしゃべり、世話好き、おせっかい。まるで親戚のおばちゃんのようだとよく言われます。

 施術中にはなるべくおしゃべりしないように頑張っています(笑)。人が好きすぎて福祉職からもっと深く関わりたいとはり師きゅう師になりました。そのため予約のキャンセルがあるたび落ち込みます。

どうかキャンセルだけは...。施術していないと体調が悪くなるほど施術ジャンキー。刺すか揉むか。施術がしたくてしたくてたまりません。

「人」は本当に素敵です!

座右の銘は「地道が近道、なんでもいいからがんばんな」(祖母発)


東京都立東村山高等学校卒業

東京療術専門学校卒業(整体2年間)

東京医療専門学校卒業(はり灸3年間)

はり師きゅう師(国家資格)

YNSA学会正会員(頭鍼)

YNSA学会上級セミナー終了

YNSA山元リハビリテーション病院研修終了

東京都はり灸マッサージ師会会員

鍼灸長野式講座終了(身体調整鍼)

Joint Manipulation & Mobilization workshop(手技療法)

東村山市富士見体力作り推進委員会役員

私の傷病歴

0歳~20歳 アトピー性皮膚炎
3歳 転倒によりおでこ3針
4歳 ガラス片にて左足裂傷 4針
7歳 小学校校門にて先生の車に轢かれる左足骨折 
10歳 右手中指骨折
11歳 高鉄棒から落下 左肩関節脱臼骨折及びとう骨(成長点)骨折 左肩ボルト固定
13歳 11歳の骨折のためとう骨が成長せず、伸長手術(バズーカみたいな器具を装着)
15歳 左ひざ靭帯半月板損傷
17歳 左ひざ半月板手術
20歳 突発性難聴
22歳 右肋骨骨折
32歳 いきなり倒れる(ラクナ梗塞3つ見つかる)
36歳 肋骨骨折
37歳 肋骨骨折

捻挫回数はカウントしてません。他に専門在学中になぞの右わき腹痛(病院では胆石かも?と診断)が4ヶ月続きましたが長野式で治りました。35歳の時には、急に動けなくなり、救急に運び込まれ、ラクナ梗塞が3箇所も見つかるという事がありました。

もともと腰痛持ちです。気をつけていれば腰痛は起こりませんが、おろそかにしていると突然ぎっくりになります。開業2年目のぎっくり回数は4回!患者さんには「ぎっくり腰気をつけてくださいね~」なんて言っておきながら、情けないやら痛いやら。説得力のかけらもありません。4回のうち1回は患者さん宅でお治療中でしたから弁解の余地はありませんでした。奥さんに灸箱を取っていただいたり。自己嫌悪。

アトピー性皮膚炎は、幼少時は母親が苦労したそうです。頭もひどかったそうで、髪を剃って薬を塗っていたため、当時の写真では、私は頭にタオル?を巻いているものが多いです。20歳を過ぎた頃から自然と治りましたが、今でも疲れが溜まると指にでます。