往診時代は片麻痺専門だった…

平成30年6月、久米川にクローバー治療院を開院するまでは、片麻痺専門の往診治療院をしてきました。その私がなぜ美容プログラムをはじめたのか?それを少し書いてみたいと思います。


そもそも鍼灸師の資格を取る10年前に、2年間整体の専門学校に行っていたのですが、その専門で美容整体コースも取っていました。

元から美容に興味がありはしたのですが、片麻痺専門とするときには、周りに麻痺などの障害を持っている方がほとんどでしたので、自然と美容ではなく、片麻痺専門になりました。

周りに麻痺の方が多かったので、美容はおろか一般症状の事も考えられないし、片麻痺を軽くするにはどうすればいいのかしか考えたくなかったのです。他の事を考えたり、行動する時間がもったいないと思っていました。

一般の肩こりとか、小顔なんかの矯正は女性患者さんに普段頑張っているご褒美がわりに施術させてもらっていました。


すごい喜んでもらえて、自分も嬉しかった

これは私も以外だったのですが、顔が整うと性格が明るくなるのです。女性は特にですね。とにかくすごく喜んでくれるのです。

その後のリハビリなどでも取り組むテンションというか、より楽しんでもらえる場面が多くなったのです。

リハビリには「楽しさ」という側面も重要ではないかと考えているので、人によっては自分から小顔整体をお勧めした方もいました。

とにかく喜んでくれるので、私もワクワクしながら施術できました。まさに施術家冥利に尽きる瞬間ですね。


「やらないの?」

久米川に開業してからは、片麻痺専門ではなく、一般の症状も施術させてもらえる余裕もできたので、特に片麻痺専門とはしていないのですが、腰痛などで来院された方から、「美容鍼はやらないの?」とかなり聞かれました。

なぜか来てくださる方が女性が多かったのですが、おおよそ8割の方に聞かれました。

鍼は専用の鍼がありますから最初はしなかったのですけれど、小顔はサービスで施術させてもらったりしていましたが、やはり大変喜んでもらえるのです。

やっぱりすぐに効果を実感してもらえて喜んでもらえるのは本当にうれしいものです。

これはぜひメニューに加えたいと思うまでに時間はかかりませんでした。そこからは、美容鍼を注文して、自分で研究するのはもちろん、セミナー参加、自分で施術を受けに行ったり、すでに美容を取り入れている先輩の先生にお話しを伺ったり、かかった費用は…考えたくないですね(汗)


より安全に気持ちよく

他院の施術やセミナーでの技術、肌の生理学などを自分なりに、より気持ちよく感じていただき、より効果的に結果を出せるようにフィードバックさせて練り上げてきました。

鍼を刺すときのコツも自分の顔だけで4000本は打ったでしょうか?顔にいっぺんに打ちすぎてのぼせる…なんてこともありましたね。

美容鍼はより効果的な鍼の深度や角度、経穴の選別、小顔整体の際には、より変化が出せる力の強度というものにすごくこだわりがあります。

詳細はここでは割愛しますが、本当に痛みがないのです。鍼では老廃物が溜まっている箇所では多少ちくっと痛むこともありますが、基本は痛くない、気持ちよい施術です。


以外と共通部分が多い

マヒ施術と美容施術には以外と共通部分が多いことに気が付きました。

まず挙げられるのは、マヒ、美容に限らず全てに当てはまるのですが、身体を自分で整える「自律神経」が整っているほど効果が高いのです。ですので、当院では美容施術に入る前に、できるだけ自律神経が整うように施術してから行います。

具体的にはヘッドマッサージもしくは、肩甲骨はがし、骨盤矯正(当院はボキボキはしません)などご要望に応じて行います。

あと共通している事として挙げられるのは、操作するのは、骨、筋肉ですから、マヒにより硬くなった筋肉や関節をリリースする技術がそのまま、顔の筋肉や首の後ろの筋肉などに使えるということです。

小顔整体で行う骨の連結部分に用いる技術は、指の拘縮で行っているものとほぼ一緒です。


とにかく来院された方に喜んでもらいたい

ご縁があって来院された方に喜んでもらいたい。それだけです。

より喜んでもらえるようになるためにはどうすれば良いのか?より安心してもらえるためにはどうすれば良いのか?

美容プログラムをやると決めたときには、色々と不安もありました。

結果は出せるのですが、当院はおしゃれでもないし、施術者(私)は男だし、受けようと検討してくださる方がどういう印象を持つかな?とか心配でした。

いざプレキャンペーンを口コミだけで行ってみると嬉しいご感想たくさん!ありがたい…。

喜んでもらいたいという思いは、伝わっているのだと実感できました。もっともっと技術を磨いてもっともっと喜んでもらえるようにしていきます。

人生が変わるというのは大げさですが、「あそこに行けば顔の調子が良くなる」「テンションが上がる」と思っていただけるように頑張ります!どうぞよろしく!