脳梗塞・脳出血 片麻痺あきらめないで生活力UP!

生活力。

自分の事は自分でやりたいあなたへ


一人で移動できる。起き上がれる。服を着ることができる。階段も怖くない。お風呂も一人でへっちゃら。

できれば家族のために何かしてあげることができるようになりたい。


一人でできないから、億劫になる。迷惑かけちゃだめだと思うから消極的になる。

毎日テレビ。

そんなんじゃだめだと思うけど、毎日同じことの繰り返し。

気づけば数年が経過してしまった。もうこれでもいいかと思ってしまったり。でも心のどこかでは「いつか良くなる」と信じている。


環境を変えましょう。生活を変えましょう。習慣を変えましょう。

必要なのは変化です。

環境の変化がないと、気分の変化はありません。身体の変化もありません。


まずは家の中から

実はバリアフル。家を攻略できれば外出もこわくない?

段差、階段、狭さ。

小さいストレスでも、たくさんあると大きなストレスになり、身体と心は疲れてしまいます。

自分では意識していない小さいストレスを限りなく小さくしてげあることで、身体と心の負担が少なくなり、移動するという億劫な意識がなくなります。


「頑張って移動」と「普通に移動」では、全く違います。本来移動するのに、気合ややる気は必要ありません。

あなたの麻痺に必要な筋肉、筋肉の使い方、楽に立てるようになる重心の確認など、ほんの少し意識を変えるだけで、驚くほど生活が変わる体験を、あなたはまだしていないはずです。


当院では、家の間取り、導線、いつもあなたがいる場所、トイレの構造、生活習慣など、事細かにお聞きしています。

もし、他の麻痺患者様が実践していて、効果の高い、効率の良い生活の仕方、家事の仕方、自宅のイスや階段を利用した自主リハビリなど、あなたの家や生活に合ったものがあれば、ご提案できることもあります。

また、こんなことをしたい、できるようになりたいなど、目標とする動作がある場合には、ぜひ細かく教えてください。できるだけ最短で実現できるようにご提案いたします。

  • 頭の鍼YNSA 2,500円
  • スタンダード(YNSA+促通運動)4,000円

歩けた。動いた。

<できることが増える喜び。ある患者さんのお話>

おそらくベッド上での生活になるでしょう。

医者からの言葉に絶句した。トイレも満足にいけない。寝返りをうつと肩が外れそうになる。足が自分のものではなく棒みたいだ。 

身体の右側、完全に力が入らない。指を動かすなんて想像もできない。

病院でのリハビリはもちろん頑張った。退院してからも家にはPTさんやOTさんが来て頑張ってくれた。自分も頑張った。装具と杖で何とか歩けるようになった。

でも物足りない。良くなっている気がしない。今より少しでも良くするために何かやりたい。でも何をすればいいのか分からない。ただただ落ち込む日が続いた。

頭に鍼をするという奇妙なやつに会うことになった。鍼をしてもらった。そいつは鍼をしながら運動しようという。よくわからないままとりあえずやってみた。



怪しく思いながらも3ヶ月ほど週に2回、頭に鍼をして運動した。

するとどうだろう。抜けるような肩の痛みがないことに気がついた。腕が前より軽く感じるのだ。おお、少し動いている。なんだこれは。

トイレに行くたびにつけていた装具が邪魔になってきた。着けたり外したりがめんどくさい。装具なしでトイレに行く回数が増えた。今では家の中は装具をつけない事が普通になった。



それからしばらくたつと、肩はほぼ自分の思い通りに動くようになった。肩の痛みは全くない。肘も動くようになってきた。

こうなると俄然欲が出てきてしまう。指だ。次は指を動かす練習をしたい。頭に鍼をしたがる怪しいやつにそう告げた。

最近指を動かす練習を始めた。

そしたらなんとなく動き始めた。嬉しい。動かないと思っていたのがバカらしく思えてくる。やりたいこと、できるようになりたいことがどんどん溢れてくる。今は「こんなことはできない」とは思わなくなった。



40代男性A様、4年前脳出血により右片麻痺となりました。文章、動画は施術経緯を簡単にまとめたものになります。かなり重い状態と評価されたとしても、今からでもできることはたくさんあるのです。


麻痺が軽くなる3つの理由とは?

<頭の鍼YNSAと運動療法、感覚リハビリ>

頭の鍼YNSA

山元式新頭鍼療法といい、頭の反応点に鍼をすることで、脳の血流を促進させ、脳の神経回路の再構築を促します。中枢性疾患に効果が高い手技として主に海外で有名です

神経促通運動療法

共同運動から乖離させる方向に、運動を継続することで、身体から脳への信号を送り、麻痺の強い部分の感覚を蘇らせます。

  • 頭の鍼YNSA 2,500円
  • スタンダード(YNSA+促通運動)4,000円

今からでも遅くない


脳出血、脳梗塞を発病して、片麻痺になったら一生そのまま。

悪くなることはあっても、良くなることはない。

だから現状維持のためのリハビリをしましょう。

あなたはそう思っていますか?


片麻痺になってもあきらめず努力しつづけ、生活レベルをどんどん上げていく人。急に動き出した人。背中や腰の痛みを予防することにより、人生が明るくなった人。

現状維持を目的にリハビリをしている人には、分からない事実です。

関節が固まらないようにする。すごく大切です。

でもマッサージやストレッチだけでは限界があるのは、なんとなくお気づきではないでしょうか?


共同運動ではない、動かせる方向を見つけ、その方向に動かした方が関節は柔らかくなるのです。


  • 頭の鍼YNSA 2,500円
  • スタンダード(YNSA+促通運動)4,000円