もし腰痛が治ったら?

しつこい腰痛でお悩みのあなた。腰痛が治ったら、痛みがなくなったら何がしたいですか?

旅行でしょうか?スポーツでしょうか?

もしかして、痛みがない状態というイメージをしたことがないのですか?腰痛が解消された後のイメージがとても大事です。私にそのイメージを聞かせてください。


ヘルニアや狭窄症など

ほんとに骨に原因があるの?

最近の研究では、全腰痛患者さんの85%は原因がはっきりしないと言われています。

また、まったく腰痛がない方の6割は、ヘルニアやすべり、狭窄の傾向がみられるということもわかってきました。

このことから、加齢により骨が削れてきているから、とか、軟骨が出てきているからとか言われたとしても、必ずしも、そのことが症状と結びつかないかもしれませんね。

あなたの腰痛、診断名はなんでしょうか?お医者に言われたから諦めてますか?

もし筋肉や自律神経の調整で解消できるのであれば、諦めてはもったいないですね。

これからどんな楽しい人生が待っているか分からないのですから。


痛みの原因は筋膜の可能性

身体全体を覆っている筋膜。血流が悪いところは、筋膜がすべりにくくなっていて、うまく働いてくれていません。また、痛む場所と痛む原因となっている部位が離れていることがとても多く、痛む場所だけ治療していても、痛みの解消には至りません。

だから、病院でレントゲン、MRIでは加齢以外の異常は見つからず、シップと痛み止めを渡され、整骨院では痛む場所に電気や温熱器具を当てられ、いつまでたってもそのままということになります。

最近では筋膜という概念が、整体業界に広まってきましたので、痛む場所は原因ではないかもしれないと考えてくれる施術者が増えてきました。



姿勢と筋肉と自律神経

きっちりと検査してから施術

痛む動作があるなら、話が早いです。

痛む動作をしながら、関連があると思われるところを探しながら、施術部位を選定していくので、無駄な施術はしないのです。

立っていても座っていても痛い場合には、探す箇所がかなり多くなってくるため、あなたも私も大変です。一緒に頑張りましょう。

長い間、夜痛くて眠れないのであれば、一度病院に行かれることをお勧めします。安静時の痛みは内臓からきていることもあるため、きっちりと検査してもらいましょう。


首、腕、背中、お尻、足

筋肉だけでもこれだけ検査します。これで解消しない、またはぶり返す場合には自律神経も考えていきます。

自律神経が乱れると、疲労がたまりやすくなります。疲労の蓄積を甘くみると、腰痛だけでなく、消化管などの内臓にも多くの負担がかかりっぱなしになるため、なるべく早く疲労を抜いてあげられるようにします。

これで、自然治癒力を発揮させ、身体が勝手に治してくれる状態にしておきます。