自律神経ってなに?

内臓の働きや呼吸、ホルモンバランスまで

自律神経とは、無意識の身体の働きを24時間コントロールしている神経の事。

呼吸や心臓などの内臓、汗を調節して体温を管理したり、感情によって身体に影響を及ぼしたりしています。

 自律神経がずっと働き続けてくれているからこそ、私たちは日常生活を送れているのです。

この自律神経がうまく働いてくれないと、色々な不具合、症状などが出てきてしまいます。


自律神経が乱れると?

不眠、耳鳴りめまい、PMS、更年期障害…etc

実に様々な症状が現れるようになります。

症状は人により実に様々ですが、代表的な症状としては、不眠、発汗、動悸、耳鳴りやめまい、便秘など。

女性であれば、月経前症候群、更年期障害が良く見受けられる症状となります。

あまり重要視されていないのが、腰痛や肩こりなどの慢性症状です。腰痛や肩こりはもはや日常であり、そんなに問題視されていないのが気になります。

当院では、自律神経を整えることで、慢性症状を緩和し、症状があったことが嘘のように感じられるよう施術をしていきます。


慢性症状は自律神経が原因

腰痛や肩こりが治らない?

腰痛、肩こりを治したいと思っている方はとっても多いはず。

でも腰痛や肩こりを治すのに、自律神経に注目する方はとても少ないのです。最初に症状が出たときはなんとかしたいと、色々試したことでしょう。そしてこの時には、自律神経も一生懸命治そうとしてくれていたはずです。

しかし、症状が少し軽くなると、今までのケアをやめてしまい、今までの生活に戻ります。暴飲暴食、夜更かし、ストレスなど、症状に対して働いていた自律神経は、生活習慣のフォローをしなくてはならず、症状に対してはそのままとなってしまいます。


自律神経の乱れは身体の○○に出る

固まる場所は大体決まっている

自律神経の乱れは身体を緊張させます。

身体は本人を守ろうと身体を丸くし、奥歯を噛みしめ、ストレスから身を守ろうと頑張ります。

以外かも知れませんが、身体の症状は腰痛や肩こりが主に出ますが、硬くなっている場所は別の場所のことが多いのです。

身体の全面がガチガチ

腹筋、胸の筋肉、肩の前側など、割と大きな筋肉が硬くなっていることが多いのです。

特に腹筋は、押すと痛む場所が多く出現しており、この腹筋を緩めることで腰痛が緩和することが多々あります。