シワのケア。あなたはどうしてますか?

2019年05月02日

ほうれい線、眉間、額、目じり。憎きシワは年々増えてしまいます。

シワを解消するべく、化粧品やパック、サプリなど今はたくさんケア方法があります。

たくさんあるケア方法の中で、マッサージをしている方も多いと思いますが、さて、あなたはどのようにマッサージをしていますか?

今回はシワを薄くするマッサージの仕方をお伝えしたいと思います。



基本的にただ押すだけ

シワに対するマッサージ法は基本的に押すだけです。

よくシワを両側から引っ張るようにマッサージすると思いますが、引っ張るよりは押す方が効きます。

特に額や眉間などは、筋肉が薄いため、ごく弱い力で押すだけで良いのです。


赤ちゃんに触るくらい

強さはあかちゃんに触っても嫌がらない、泣かない強さが良いとされています。

グラムでいうと100グラム以下です。キッチンにある測りで100グラム以下で押してみましょう。

ほんとに?というくらい弱くないですか?

逆を言えば、このくらい弱くないと効きません。「やってる感じがする方が良い」のと、「本当にシワが薄くなる」のでは、どちらが良いでしょうか?


少し高度になりますが、額や眉間など、薄い場所のシワを100グラム以下で押さえます。圧の強さは一定で押し続けます。というか触り続けます。

そうすると、「ふわっと」した感じとか、「にゅるっと」した感じ、もしくは「もぞもぞ動く」感じがつかめるとかなり、シワ下の組織が緩んだ証拠になるのです。

最初は良く分からないと思いますが、やってるとわかるようになると思います。


ほうれい線は頬骨にあてる

ほうれい線は頬の筋肉を緩めることを目的に行います。

口の脇辺りの筋肉を頬骨に向かって押していきます。ここでも強さは先ほどと同じ100グラム以下で。

分かる方は、組織が緩むまで同じ圧で触り続けます。分からない方は30秒から1分触ります。

同じことを口の脇から頬骨に沿って、頬の真ん中あたりまで行っていきます。


通常のマッサージより地味ですが、効くのでチャレンジしてみてください!