ストレスをイメージ!ストレスチェック導入

2019年03月06日

家事や育児、ママ友さんとの関係、夫の両親問題、仕事、買い物、食事、健康、美容、はたまたペットが気になるなどなどなど。。。

毎日毎日心配ごとや、やっつけなくてはならない事が次から次へと押し寄せてきます。

特に年度末は環境が大きく変化することもあるでしょう。

子育て中であれば、お子さんの卒業、進学。中年以降であればご主人の退職など人生の岐路になることも少なくありません。


そんな中、日ごろ気にしていない小さな事柄も気になってしまいイライラしたり、気持ちが乱されてしまうことが多くなり、知らず知らずに気持ちや身体が疲れてしまいます。

多くの方は、身体の変調だったり、変にイライラしたりするので、大事に至る前に気づきますが、中には気が張っているためか、なかなか気づかない方もいらっしゃいます。

肩こりも気づかないような方は要注意です。


当院では今月から施術の一環としてストレス検査を導入いたしました。従来から行っているストレスが身体に現れる「圧痛点」検査だけでは取りこぼしがあるように感じられることがあったため、新たに加えることにしました。

今月に入り、希望された方のみお試しいただいていますが、中々好評です。


鬱やパニックなどの自律神経症状をお持ちの方だけでなく、ご自身ではなかなか気づけないストレスも表すことができるので、私としてはかなり便利?だと感じています。

このストレス検査法では、ストレス度合いのみでなく、形、色、材質などのイメージを一緒に共有させてもらえるので、施術後のストレスをどれだけ感じているか?というアフターのストレス具合も判断できるのが好評のようです。



と思われた方もいらっしゃると思いますが、「色」とか「形」、「材質」なんてどうやって表現するの?と。

またのちほど追記します