片麻痺 バックニー対策とは?

2018年07月03日

まずバックニーとは?

いわゆる反跳膝のことで、歩行の時、麻痺足をついて健側の足を振り出すときに膝が後ろにがくっと伸び切ってしまうことです。

そんなのないよという方は、そのままリハビリを進めましょう。


バックニーの原因として挙げられるのが、


感覚の低下

ふくらはぎが硬い

足首が硬い

足全体の筋力の低下などです。


姿勢的な要因もあり、身体が前傾で、視線が下にあればあるほどバックニーは出やすくなります。

下を向かないと怖いと感じる方は「立つ」練習から始めましょう。


「立つ」ことから始める方、歩く練習をする方、共通して意識していただきたいことがあります。それは

「かかとで立ってみる」

「膝をほんの少し曲げてみる」

です。どちらの方もあくまで目線、顔は前方でキープです。


もちろん重心は真ん中です。

歩く方は極力ゆっくりです。歩行訓練というより感覚訓練の意味合いが強いので、自分の身体と会話できるようにゆっくり行います。

歩幅は左右対称です。以前にも書きました。麻痺側の足を出せる分だけ健側を出す。


どうでしょう?ゆっくりで姿勢が起きていればバックニーは出づらくなることがお分かりいただけると思います。

よくわからんという方は当治療院にお越しください。