片麻痺 リラックスと睡眠の重要性

2018年06月30日

片麻痺の方で、眠れないという方は少なくありません。あなたはよく眠れていますか?

睡眠時に成長ホルモンというホルモンが出ることは、皆さんご存知だと思います。

この成長ホルモンが重要なのです。

成長ホルモンは細胞の代謝を促進させるため、傷の修復や老化の予防など、みなさんが望んでいることをやってくれているのです。


片麻痺の方にとってはどうでしょうか?

片麻痺の方にとって、成長ホルモンに一番修復してもらいたい場所、それは脳です。

ただでさえ、脳血管障害により後遺症がある方というのは、外界からの刺激や、運動を制御させたりする機能を維持しなくてはならないので、少しの刺激でも脳はたくさん働きます。

このため、脳の疲労は一般の方の比ではありません。

普通に生活しているのでさえ、脳の疲労具合が高いため、通常通りの睡眠では疲労を取ることで精一杯になってしまいます。

さらに言ってしまえば、片麻痺により過緊張している部位などは、常に筋疲労があり、その部位をも修復していかなければならないので、一般の方よりも修復部位が多くなっていることがわかります。


一日のうちにリラックスタイムを作りましょう。昼寝でも良いです。好きな音楽を聴きながらぼーっとするのもいいでしょう。

とにかく脳を積極的に休ませる時間を作りましょう。


そして、脳の血流を良くするために、緩ませておくと良い場所があります。


それは、首です。

首の裏側、頭との付け根がふわふわになっているイメージで休憩したり、お昼寝をしてみましょう。無理にストレッチなどをする必要はありません。

ふわふわです。


不眠傾向の方、ストレス過多の方などは、この部位が硬くなっている場合が多く、物理的に血流が阻害されてしまいます。

首がふわふわイメージで、脳の血流を良くして快眠を目指しましょう。

そして改善に取り組みましょう。