片麻痺 再発予防は水分補給から!

2018年06月28日

水分補給してますか?

もちろんしているよ。という声が聞こえてきそうです。

どんな飲み物を飲まれてますか?と聞くと「お茶」「コーヒー」「ポカリ」などを飲まれている方が多くいらっしゃいます。

できれば純粋な「水」がいいのです。これからその理由を述べたいと思います。

東洋医学では、余分な水分が停滞した状態のことを「湿」または「水毒」といいます。この「湿」「水毒」は身体の水分をドロドロにしていくのです。

もちろん血液も水分ですから、ドロドロになっていくでしょう。

この体液がドロドロという状態は、身体の水はけを阻害してしまうのです。その上ドロドロがドロドロを呼び、新しい新鮮な水分ははじいてしまうのです。

シンクに落ちた卵の白身のように水でさらっと流せないですし、ごみなども付着しやすくなってしまいます。

これが「湿」「水毒」の身体の中の状態です。脳梗塞の再発のリスクも高まります。ではなぜ「水」が良いのでしょうか?

コーヒーやお茶は利尿作用があります。「湿は余分な水分なんだからいいじゃないか」と思うかもしれませんが、尿で排泄される水分はドロドロになりきっていない水分だけです。ドロドロはそのままです。

ポカリなどの清涼飲料水は味をつけてあり、特に糖質はドロドロに変わりやすいので、「湿」「水毒」を除去していくには向いていません。

ですから「水」なのです。

「湿」「水毒」を取り除いていくためには、「水」を取り、適度な運動とリズムのある生活です。ただし、過度な運動や入浴は体液濃度を高めてしまうので、注意が必要です。