片麻痺 指を動かす第一歩

2018年07月17日

指は難しい…。けど取り組まないと始まらない。



指を動かしたいと思っている方は多いはず。いつもあなたの指のために何をしていますか?健側で指を伸ばしてあげてますか?

指のストレッチは必ずやらなければならないものです。でもそれだけでは、動かすまでには至らないことが多いはず。

以前TVで「ひたすら指よ動けと念じてたら動いた」ということをやっていました。これはあながち間違っていないと思います。TVでは急性期だったので、可能性も多くあったと思いますが、年数が経っていたとしても、やってみる価値は多いにあると思います。

これは感覚の有無に問わずできるので、ぜひやってみてください。


キーワードは「脱力」と「顔の前」です。

ではやってみましょう。

  1. 麻痺側を上にして横向きに寝る
  2. 健側で支えて、麻痺手を顔の前
  3. 見る
  4. 念じる

すごくまじめに書いてます。ふざけてないですよ。

だってこれでもぞもぞ感が増えてきて、しまいには動きだした方がいるのですから。脳のメカニズムが完全に解明されて、効果がないと実証されるまで言い続けると思います。


コツとしては、なるべく力まないで、心をフラットに行うこと。見ること。

この方法の良いところは、身体に力みが入りにくいことと、リラックスしていれば長い時間行えるということです。


少しでも可能性があるなら、なんでも取り組んでおきたいところですね。最近では色々な専門治療院があります。どこでも良いのです。良くなれば。もちろん当院にいらしてくださるのが一番うれしいです。

一緒にがんばりましょう!