片麻痺 血管力を上げよう!

2018年07月05日

日本人の死亡原因、上位10位以内のうち、血管に由来するものは4つあります。心臓病や脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患などです。

血管は身体を栄養し、ごみを運んでくるホースです。

赤ちゃんは買ってきたばかりの柔らかいホース。高齢になってくると日にさらされた硬いホース。

その上、生活習慣で、内側からも硬くなっていきます。ホースの内側にごみが溜まったり、亀裂やヨレ、こぶができている場合もあります。

細くなっていっても弾力性があり、身体の隅々まで栄養や酸素を運ぶことができたら、体温は上がり、細胞が栄養され、ちいさな老廃物まできっちり運んでくれるようになります。


血管を強くするためには、

  1. 規則正しい生活
  2. 定期的な運動
  3. 睡眠

です。

これらは、良く知っている事柄ですが、続けるのは意外と難しい。でも血管を柔らかくし、血管の病気を予防するには大切な事なのです。

特に脳の病気をした方は、気を付けることが多くなり、大変なことはわかります。でもなんとしても再発は絶対に避けたいですよね。

加えて、脳の病気では自律神経系も乱れやすくなることがわかっています。自律神経とは交感神経と副交感神経のこと。

とくにリラックス時に働く副交感神経はあまり働かなくなるとされています。副交感神経は血管を拡張させるため、血流の促すという意味ではできるだけリラックスしてあげるのも重要なことなのです。