猫背、巻き肩の人は人生損しています(警告)

2019年02月16日

パソコンやスマホの操作で長い時間下を向いたままになってしまい、そのまま筋肉が固まりどんどん猫背、巻き肩になっていくのです。

それでは猫背、巻き肩のままだと、人生の一体何を損しているのでしょうか?

それは、

酸素です。

通常の体形では、身体に必要な酸素を普通の呼吸で十分に取り入れることができます。

しかし、猫背や巻き肩では、胸郭がうまく働いてくれていないので、酸素を効率的に吸うことができなくなってしまっているのです。

酸素は身体に何をもたらしてくれているでしょうか?

血液のヘモグロビンと結びついて...

でその先は知っていますか?



細胞で生み出されるエネルギーの元になるのです。いわば細胞の燃料ともいうべきものなのです。

酸素を効率的に吸っていないということは、めちゃくちゃ燃費の悪い車に乗っているのと同じなのです。

さらに、付け加えると、

通常成人は、一日に2万回の呼吸をします。1回の肺活量が約5000ml(男性)ですから、

5000ml×20000回=1億!

ペットボトルに換算すると、20万本になります。

これを猫背の人の場合になると、

肺活量が5000ml⇒3500mlに減少します!

3500ml×2万回=7千万

ペットボトルに換算すると、14万本になります。

その差500mlペットボトル6万本分

1日ですよ?

これが、1週間、1ヶ月、1年となってくるとすごいことになってくるのが分かります。

もう計算するのがめんどくさいし、なんだか怖くなってきました。

よく呼吸が浅い、もっと呼吸を深くしましょうと巷では言われていますが、はい、その通りです。



もっともっと大事に深く呼吸をしましょう。

当院は自律神経を整えたい治療院ですから、呼吸を深く効率的に繰り返すことができるように、胸郭を広げたり、呼吸に関係の深い肩甲骨調整など行っていますが、所詮施術はきっかけです。


普段の心がけで、どんどん酸素燃費は良くなっていくのに皆さんなんでそんなに気にならないのだろうかと思います。

仕事の合間の深呼吸がどれだけ身体に優しいか、どれだけ身体が喜ぶか。

多少水飲まなかったり、ご飯食べなかったりしたぐらいでは人は死なないのに、ちょっと呼吸を止めたら死んでしまうのですよ?

もっと深く気持ちよく呼吸できるように心がけましょう。


たったそれだけで、あなたの悩みが解決される可能性が十分にあるのです。

ケガや病気、肌の再生修復力、集中力、メンタルバランス向上、アンチエイジング、筋出力向上などなどなど。

思いついていない細かいこともたくさんたくさんあるのです。

こんなに簡単で良いことなのに、口を酸っぱくして言っているのになぜ気に留めてくれないのですかー???

ついつい忘れちゃうよ~(テヘ)

いつも呼吸はあなたを助けてくれるのです。


どうか忘れないでくだされ。