足を見て、触って重心を確認する方法

2018年09月19日

楽に正しい姿勢を取るということが、健康や美容には重要です。以前もコラムに掲載しましたが、正しい姿勢はとても重要なのです。

そこで、あなたの重心はどうなのか観察していきます。


足の指でチェック

仰向けに寝た状態で、ちょっときついですが、ご自身の足の指を見てください。足の甲側に反ってしまっているようだと、あなたの重心は後ろよりだというこ都になります。

また、指が巻いてしまっているようだと、あなたの重心は前よりということになります。

本来足の指は、足の甲からなだらかに下り、そのままの角度で自然と伸びている状態が正常なのです。

この正常な位置からズレてしまっていると、楽な姿勢は必然的に取れないのです。


太ももを触ってチェック

自然に立った姿勢を取ります。

太ももの前側、後ろ側、横側を指で押してみます。

硬く感じている場所はありませんでしたか?押した場所が硬く感じるということは、筋肉が緊張している証拠。前後左右にそっと重心を移しながら、再度チェックしていきます。

前、後ろ、横、どこの場所も緊張していない状態が、うまく立てている状態になります。

この姿勢、重心のまま歩くことができれば、身体の負担は少ないのに加え、特に上半身が姿勢の補正を行うために使っていた筋肉を使わなくても良くなるため、楽に正しい姿勢を取ることができるようになるのです。


あなたの重心はいかがでしたか?